IR(投資家情報)に関する免責条項 及び 業績見通しに関する注意事項

 このウェブサイトに掲載している、朝日インテック株式会社の現在の計画、見通し、戦略などのうち、過去の事実以外のものは、将来の業績に関する見通しです。 これらの情報は、現在入手可能な情報から得られた朝日インテック株式会社の経営者の判断に基づいており、経済動向、市場需要、為替レート、税制や諸制度等に関わるリスクや不確定要素を含んでいます。 従って、将来公表される実際の業績等は、これら種々の要素によって変動する可能性があり、朝日インテック株式会社は利用者の皆様が当ウェブサイトの情報を利用されたことにより生じるいかなる損害についても責任を負うものではありません。 また、新たな情報、将来の事象、その他の結果にかかわらず、常に朝日インテック株式会社が将来の見通しを修正して公表する義務を負うものではありません。

 当ウェブサイトにおいては、朝日インテック株式会社が証券取引所等に開示している情報の全てが掲載されていない場合又は開示している情報と異なった表現がなされている場合があり、予告なしに内容を変更し、又は削除する場合もありますので、あらかじめご承知おきください。

 当ウェブサイトの掲載内容については細心の注意を払っておりますが、掲載された情報の誤りや第三者によるデータの改ざん、データダウンロード等によって生じた障害等に関し、朝日インテック株式会社は一切責任を負うものではありません。また、このウェブサイトは投資勧誘を目的としたものではありませんので、実際に投資を行われる際には、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控え頂き、投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断で行われるようお願いいたします。

インサイダー取引規制について

 本ウェブサイトには、金融商品取引法第166条に定められた「重要事実」に当たる情報が掲載されている場合があります。従来、自主規制機関に当該情報を届け出てから12時間を経過することがインサイダー規制を満たす要件でしたが、2004年2月1日の証券取引法施行令第30条(12時間ルール)(現、金融商品取引法施行令第30条)の改正を受け当社ではいわゆる重要情報を公表して、東京証券取引所の「TDnet」に掲載し、その後速やかに当該情報を本ウェブサイトにも掲載することといたします。

 なお「TDnet」によらず、2社以上の報道機関に直接開示した場合は引き続き、12時間ルールの適用を受けることになりますが、当社では「TDnet」による開示方法を取ることを原則といたします。ただし、「TDnet」の障害等で同サイトによる開示が事実上できないときはこの限りではありません。

コンテンツの著作権について

 本ウェブサイトのいかなる部分も一切の権利は朝日インテック株式会社に帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようお願いいたします。